家造りの話 木の話

トップページ > 家造りの話 木の話
木の話 家づくりのフロー 家づくりのチェックポイント

木造住宅の快適さ
高温多湿の日本の気候風土にあった材料「木」。
「木」には湿度が上がると湿気を吸収し、乾燥すると湿気を放出する調湿機能があります。
日本では古来より「心地よさ」と「ぬくもり」を活かした「木」の住環境が適していたのです。
「木」の調湿機能 「木」の調湿機能 香りの効果 香りの効果
高温多湿の夏や乾燥する冬には、調湿効果を発揮し、部屋の湿度を適度に保って快適な住環境を作り出します。 「木」が発散する香りは、疲労回復やストレス緩和などのリフレッシュ効果を促進すると言われています。

カビ防止 カビ防止 歩行感の心地よさ 歩行感の心地よさ
「木」は、カビの原因となる室内の湿度を調整し、発生をおさえます。 適度に温かく、やわらかい「木」の床は、足に負担をかけないやさしい素材です。

感触の温かさ 感触の温かさ 耳に心地よい 耳に心地よい
「木」を触ったときに温かく感じるのは、体温を急激に奪わない素材のためです。 コンサートホールなど、たくさんの「木」が内装材として使われています。それは、「木」が高・中・低音をバランスよく吸収し、ほどよい残音響を残すためで音がまろやかになるためです。

正しく使えば半永久的な耐久性
木はもちろん劣化します。しかし、鉄やコンクリートよりも長寿命なのは「木」なのです。
通常の使用において木材は100年で3mm程度しか風化しません。
正しく使えば半永久的な耐久性
燃えにくく、熱に強い木材!!
燃えにくく、熱に強い木材!!

木造住宅は火災が発生しても、燃えにくく強度が急激に落ちないため、万一の際、避難時間をとることができるのです。
また、消防士の方達は「木造住宅より鉄骨住宅の方が怖い」といいます。これは消火が終わった後も鉄骨住宅は梁が落ちてくることがあるからです。

お役立ち情報

展示場のご案内

厳選&実例プラン

こちらはアイフルホームFC本部 株式会社LIXIL住宅研究所 アイフルホームカンパニーのサイトとなります

カタログ請求はコチラ


カタログ請求はコチラ